【アクアリウム】AJ(アクアジャーナル)258号GET!&DOOAについて

   


石組レイアウト祭り

みなさん、こんにちは!

先日、30を過ぎて人生で初めて音楽ユニットのファンコミュニティーに入会しました!

このブログでも何度か紹介しました、「UQiYO」さんのファンコミュニティー。

いつかこの事も記事にしたい。

入会にあたり、かなり勇気がいりました。

 

さてさて、AJの話ですね。

表紙はこんな感じ!

自宅の作業机そのまま、PC、電卓、キーボード等々、見切れていて大変申し訳ございません。。。

表紙の黒に部屋が映り込んでるよ。

 

表紙のタイトル通り「石組」の水景がてんこ盛りで、石組のレイアウトをやるときにかなり参考になる一冊です。

石組・・・・

正直、ちゃんとやった事がありません。

理由?

ハードルが高そうなのと、石の手持ちがないからです(笑)

アクアリウムを趣味で初めていつかはやりたい!と思っている石組レイアウトですが、やはりきちんとした作品にするためには手持ちの石を充実させる必要があります。

他のアクアリストの皆様のブログを見ても、石をコツコツと集めて満を持して作成されるというケースが多いみたいですね。

 

石組のレイアウトについて最近思う事は「良いなぁ」と思う幅が広がったという事。

アクアリウムを知ってからしばらくは、龍王石のレイアウトが大好きでした。

ゴツゴツしてて、無骨で、かっこよくて。

龍王石(ADA公式HPより)

どうですか?カッコいいでしょ??

ただ最近は、丸みをおびで、気の遠くなるほどの年月を経て削られた穴が開いた石。

所謂「川石」の魅力に魅かれております。

龍王石が好きだった事は、川石はあまり好きじゃなかったです。はい。

ただ、最近川石のダイナミックなレイアウトを見ていると、吸い込まれるように見入ってしまいます。

私の中の何がどう作用してそうなったのか。全然分からないというのが本音ですが、良い変化と理解しています。

 

石組レイアウトのために実際のフィールドから素材を借りるための旅に出るのも良いですね!

 

 

DOOAについて

AJ本誌でもすこーしだけ語られていますが、ADAの新ブランド、DOOAについて。

水草をより自由に楽しむための新ブランド。

としてHPには記載されていますが、いったい何なんですかね。

HPはティザーサイトなので、少しずつ情報が公開される形なんですが、気になって気になって、どっか特別なところをクリックしたら詳細画面に飛ぶんじゃないかと不要にクリックを繰り返してしまいました。

そして、先日ティザーサイトのカウントダウン「0」になったのでウキウキして再訪問したのですが、これが全然情報公開されてない(笑)

一応画面のキャプチャを撮っていたのですが、比較するとこんな感じ!

ここから、

こうなりました!

ADAらしく、サイトデザインはかなりキレイ。

新しく画像が数点追加されましたが、それ位です。

 

ただ追加された画像を見るに、テラリウムに近い形の水草水槽の形を楽しむブランドかと思います。

楽しみですね!

楽しみなんですが、また1か月近く待つのが辛いです(笑)

 

はい。

本日は以上でございます。

明日は、親知らずを抜く予定です。

ドキドキして眠れません。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ


 - ADA, アクアリウム , ,