【アクアリウム】水槽の夏対策~無線LANでエアコンを遠隔操作~

      2016/07/07


これまでの水槽夏対策!

今年は90cm水槽を導入したので、夏対策はどうしようかと頭を悩ましてました。

結論として我が家では、水槽に機材を付けるのではなく、部屋ごと冷やすことにしました!エアコンのリモートON/OFF機能を実装して(笑)携帯でポチッと押せば、家でエアコンが起動します。すごく便利!

そこで、これまで数回夏を乗り切った経験からその時の水槽サイズと当時の対策方法をご紹介した後に、エアコンのリモートON/OFFを実装した今年の対策について紹介します!

ちなみに以下、水槽設置してあった部屋の前提条件です。

水槽を設置している部屋の環境

1.日中は人がいない

2.日中はエアコンなし

3.部屋としての暑さ対策何もなし

4.日中の室温は30度越え必須

5.カーテンは締めっきり

以上、最悪の環境です(笑)

ADA;W36×D22×H26水槽

初めて購入した水槽です。基本的に夏対策は冷却ファンでの対応です。安いしコスパの面では最強ではないでしょうか?

ツイン冷却ファンです。これをできるだけ水面ギリギリにあたるように設置します。

至って普通の対応策ですね。

当時の水槽では、グロッソスティグマ、ハイグロフィラピンナティフィダ、ナナプチなどを栽培してましたが、水草の調子は少し悪くなりました。ただし生体は落ちることが無かったので大丈夫です。

ちなみに、ファンを回す時には、必ず逆サーモを買って付けてくださいね。通常のヒーター用のサーモは、設定した温度以下になると作動しますが、これは冷却ファンでは全く使えません。設定した温度以上になると作動する逆サーモを使用しましょう。普通のサーモに繋いでしまうと、永遠に作動せず、生体・水草ともにお陀仏です(←洒落にならん!)。

こちら逆サーモです。

また、当時の水槽の写真を漁っていたら、1枚出てきました。

中央の黄色い子はアピストの♀ですね。背景がボケてますが、グロッソの調子が少し悪そうなので夏だと思います。

レッドファントムも一応ルブラなんですが色が飛んでますね。

ADA;W30×D30×H30水槽

この水槽も先ほどのツインファンでOKでした。

そして、生き恥をさらすコーナーです。

こちら当時の30cm水槽の水草植栽直後です。

ああああああああああああああああ。くそレイアウトですみません。

注目していただきたいのは3つ。外部フィルターを使っていますが、水流を抑えるために「リリィパイプスピン」を使っている事。水草に「クリナムアクアティカナローリーフ」を使っている事(後景のねじれてる奴。カッコいいけど高い。すぐに溶かしたw)。Co2拡散器が割り箸(笑)これ、意外に使えるんですよ!

いやー、お恥ずかしい。これくらいで。。。

エーハイム;W30×D30×H40水槽

所謂、30cmキューブのH(ハイタイプ)です。30Hとも言いますね。このあたりからツインファンでは力不足になるので、一つランクを上げました。

それがこちら

トリプルファンですね。

単純にファンが多い方が効率よく冷却できると思いますが、正直記載の60Lまでいけるか微妙だと思います。だって、それって60cm水槽ですよね。止めといたほうが良い気がします。だって・・・

ADA;W45×D27×H30水槽

直前のだって・・・の続きですが、このころより冷却ファンをダブル設置にしていましたもの。若干水温が高いことが多かったので・・・

よって、私は、

これ×2で対応してました。一つは水槽に固定。もう一つはアクアスカイに固定して。ほぼ24時間フル稼働ですよ!

流石に2つ付けると安心感がかなり違います。ただ、これはファンの冷却構造上仕方ない事ですが、毎日そこそこの量の水が蒸発してしまいます(水が蒸発する際に熱を奪う気化熱を利用して冷却するため)。よって、蒸発した分の水は毎日足し水してくださいね。

そしてクーラーの導入へ

実は私が90cm水槽導入前の水槽はこの4種類になります。要は冷却ファンだけで乗り切って来ました。ただ、毎年夏になると水草の生育が鈍ることから、どうしたものか・・・と思っていました。そして遂に2年前に、ペルチェ式のクーラーを導入することにしました。

クーラーは冷やし方によって種類があるのですが 、これはペルチェ式です。ペルチェ式は、外気温(この場合は室温)が高いとあまり効果が無いとも言われていますが、上記の30cmH水槽と45cm水槽では大丈夫でした。ただこれも60cm水槽に使うには少し出力不足で安心はできないと思っています。

30cmH水槽と45cm水槽においては、冷却ファンの時とは安心感が違いますし、冷却ファンのときよりも水の蒸発が少ない!これで毎日の管理がかなり楽になりました。

そしていよいよ今年の夏、90cm水槽はどうしよう・・・

そして今年です。本当にどうしようかと思いました。だって、そもそも今回外部フィルター使ってないし、夏だけ外付けのクーラー様にフィルタ回すのがかなり躊躇われたからです。といっても・・・

対策案として最初に考えていた事

1.大型クーラーを設置

2.エアコン24時間ON

1は王道ですよね。ただ、色々なレビューを見ていると、まず音がうるさいのと、電気代をかなり食うとの事。また、排熱で部屋も暑くなるとか・・・90cm水槽の設置場所はリビングなので基本的にこれはNGかなと思いました。そして2の案。こちらは水槽設置に限らず、電気代を安くあげる方法として有名ですね。我が家でも電気代が安くなる事と、人間も涼しいというメリットを前面に出しての家庭内プレゼンテーションを行いましたが、あいにくクライアントの理解を得られず・・・そんな中、月日はどんどん経過し、夏本番が近づいてきました。

エアコンを外から操作できれば良いじゃん!

人間追いつめられると案が出てくるもので、それならいっそ、暑い時間に外からエアコンのON/OFFが出来ればいいじゃんと気が付きました。

うちのリビングのエアコンは、三菱電機の霧ヶ峰を使っています。そこで目に付けたのがコレ!

上記、三菱電機のHPの概要図ですが、簡単に言えれば以下の通り

霧ヶ峰を外部操作する条件

1.家の中で無線LANでネットができる

2.対応のエアコン本体の霧ヶ峰を設置している

3.三菱 無線LANアダプター(MAC-884IF)を購入して霧ヶ峰に設置する

4.スマホで専用アプリをダウンロードする

以上です。これが満たせていれば外からエアコンが操作できるんです!!

ちなみに、3の無線LANアダプターはこれ↓です。

三菱 無線LANアダプター(スマートフォン用)MITSUBISHI MAC-884IF
一つご注意!

基本的に、無線LANアダプターを設置するのは、工事になります。

私はネットでアダプターのみ購入して自分で付けようかとも思いましたが、余りのめんどくささに断念。

持ち込みで工事をお願いした場合の見積もりを、ヤマダさんとビックカメラさんにお願いしましたが、ビックカメラさんが5,400円でやってくれるとのことでお願いしました。

ただ、5,400円で工事ができるかどうかは実際に現地で見てみないとわからないとのことで、一旦エアコンを外して設置という事になると、20,000円かかるとのことです。やはり無線化を視野に入れてる場合は、最初の設置時に合わせて工事をしていただくのがおススメですよ!

幸い我が家では、面倒なことにならず、5,400円で工事が完了し、アダプタ合わせて15,000円位で、エアコンの無線化が完了です!やったぜ!

むちゃくちゃ便利なエアコンの外部操作!!

さっそく、説明書通りにユーザー登録等を完了して、晴れて我が家のリビングのエアコンがリモート化し外部からの操作ができるようになりました。

めちゃくちゃ便利ですよこれ!

設置してある部屋の室温等々が一覧で見れます!

そして、エアコンをONにしたい場合は、運転を「入」にして変更内容を送信すればOKです。

送ってから操作が繁栄され、エアコンがON/OFFされるのに数分の時間がかかりますが、そんな事は大した問題ではありません。

しかもあらかじめ設定した室温になった際に、メールが自動で送信されて来るんですよ!

なので、我が家では室温が30度を超えた際にメールが来るように設定しておきました。これで、この夏は乗り切れそうです。最近の家電は電気代も抑えられるし、まさに一石二鳥です。

【まとめ】面倒だったら部屋ごと冷やせばいい

いかがでしたでしょうか。

個別の水槽に対策するのもOKですが、視点を少し大きく持つと、部屋ごと冷やせばよいじゃない?というのも選択肢として加わりますね。

意外に水槽の冷却系の機材はお値段が張る事もあり、加えてメンテも面倒なんですよね。。。なので、すでに対応機種のエアコンが設置してあれば、15,000円程度で外部操作が可能になるのはコスパの面でも良いと思いました。エアコンを買いなおす際にも是非ご一考ください。

家庭内プレゼンの場においても、魚のみが涼しいのではなく人間も涼しいし、必要な時にON/OFF操作ができるという点がクライアントからも満足をいただきました(笑)

よろしければお試しください!

本日は以上でーす。

【後日談】あまりにもこの遠隔操作が便利だったので、エアコン外部操作の特集記事を書いてしまいました。よろしければご覧ください。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへ

icon
icon


 - アクアリウム , ,