カメラ片手に皇居散歩!その2

      2016/06/18


カメラ片手に皇居散歩!その1はこちら

※写真が表示されない場合は、何度かリロード(再読み込み)してみて下さい。F5を押せばOKです。

汐見坂から大手門へ!

汐見坂を降りて、二の丸庭園を眺めつつ進みます!今回の散歩も後半戦。

それにしても、ここは昼休みにお散歩をする方が多いのはもちろんですが、海外の方もたくさんいます。

東京駅からのアクセスが良いのも理由かと思いますが、欧米の方だけでなく、中東系の方もいらっしゃいます。

そういえば、何語をお話しているのか全く分からない方に写真を撮ってくれと頼まれた事があります。この程度のコミュニケーションであれば、お互い何を言っているかが分からなくても何とかなりますね!

さぁ、さくさく行きましょう!

こちらは百人番所!江戸城の正門だった大手門から,本丸に入るときの最大の検問所がこの百人番所で「甲賀組」「根来(ねごろ)組」「伊賀組」「二十五騎組(にじゅうごきぐみ)」の4組が護りを固めていたそう。

各組には、同心百人ずつが配属されていたところから百人番所の名が付けられたそうです。確かに、大きいから百人位は入りそうですが、勤務場所はここなんですかね。今の内勤社員の様に机並べて勤務していたとしたら・・・少し面白い!

で、次は大番所を紹介する予定でしたが、撮り忘れたので後でまた行ってきます!

そしてこちらが同心番所です。

同心番所は大手三の門を警固する与力・同心が勤務していた所です。江戸城の正門であった大手門から入城した大名が最初に通る番所で、主として登城する大名のお供の監視を行っていたそうです。怪しい奴はここでアウトだったわけですね。

同心番所を抜けると、皇族ゆかりの品が展示されている尚三館があり、その先が入口で借りた入園票を返却する場所です。「ありがとう」の気持ちを込めて返却しましょう!

大手門を裏からパシャリ!門の先がお濠を渡る橋。その先も直線道路が続いており、東京駅のすぐ横に出ます。ビルと大手門が意外に調和していると思うのは私だけでしょうか。

下の様な写真を撮っている方は結構いたのですが、この場所から写真を撮っている人はあまりいませんでした。真っ直ぐな道が続き、さらに直線で構成された門とビルが対象にそびえる様子。結構面白いスポットです!

こちらが大手門を出て、お濠を渡ったところから取った写真です。

これにて本日のお散歩は終了。12時45分位だったでしょうか。

正味30分少々の散歩でしたが、お近くにお勤めの方や、東京観光に訪れる方、東京駅から出発する新幹線の時間まで少し余裕のある方、もしよろしければ皇居散歩はいかがでしょうか。

おススメです!

本日は以上でーす。

おまけ

皇居のお濠には、白鳥がいます!私の中ではお濠のアイドル。終電を逃し、お濠の周辺を歩いている時に遭遇するとかなりびっくりします(笑)

この日も、居たには居たのですが、少し距離が遠くて写真に収める事が出来ませんでした。だって、このカメラ、単焦点なんですもん。コンパクトで持ち運びにはすごくいいんですけどね!

ん??

単焦点、コンパクト・・・・・まさか・・・・(-。-)y-゜゜゜(←参考記事へ)

近々この件も記事にしますね。あーあ。ついに・・・


 - カメラ, 散歩 , , , , ,